コロプラ 不正 - コロプラ、セールスランキング不正操作で大炎上。取引先に850万円でゲーム課金依頼

不正 コロプラ コロプラのスマホゲームで運営が不正行為 悪質な「課金ブースト」とは

コロプラが『最果てのバベル』で不正なランキング操作。裁判を待たずに『白猫プロジェクト』も配信停止か

不正 コロプラ コロプラの不正課金ブースト問題について調査報告書が公開!プロデューサーの森先一哲氏は辞任「事前に問題を認識していた可能性が高い」 :

【悲報】コロプラ倒産確定!社員が850万の自社課金、最果てのバベル以外にも自社課金か

不正 コロプラ コロプラの不正課金ブースト問題について調査報告書が公開!プロデューサーの森先一哲氏は辞任「事前に問題を認識していた可能性が高い」 :

コロプラ、850万円の“課金”を取引先に依頼 セールスランキング操作が目的

不正 コロプラ 【最果てのバベル】自社買い課金によるセルラン不正操作判明で炎上!コロプラについても少し振り返る

不正 コロプラ コロプラ 謝罪がヤバい!ランキング不正操作の方法とは?

コロプラ社不適切取引についての調査報告書を読んで得る教訓

不正 コロプラ コロプラがアプリゲームのセールスランキングを不正操作 取引先に課金依頼

不正 コロプラ 【悲報】コロプラ倒産確定!社員が850万の自社課金、最果てのバベル以外にも自社課金か

【最果てのバベル】自社買い課金によるセルラン不正操作判明で炎上!コロプラについても少し振り返る

不正 コロプラ コロプラ森先一哲取締役が辞任→経歴学歴やfacebook顔写真(画像)を特定調査!炎上した不正操作バベル課金の経緯は?

コロプラ、850万円の“課金”を取引先に依頼 セールスランキング操作が目的

不正 コロプラ 【最果てのバベル】自社買い課金によるセルラン不正操作判明で炎上!コロプラについても少し振り返る

コロプラ社不適切取引についての調査報告書を読んで得る教訓

不正 コロプラ コロプラの「最果てのバベル」セールスランキング不正操作問題は白猫やバクモンなど他のサービスにもかなりの影響がありそう..

コロプラ、セールスランキング不正操作で大炎上。取引先に850万円でゲーム課金依頼

同社は「今般の事象の発生を厳粛に受け止め、再発防止および皆様からの信頼回復に向けて全力で取り組んでゆく所存です。

  • 詐欺同然の行為でGoogleやAppleもきちんと検証して処分してもらいたい。

  • ページ内の商標は全て商標権者に属します。

コロプラの「最果てのバベル」セールスランキング不正操作問題は白猫やバクモンなど他のサービスにもかなりの影響がありそう..

多くのタイトルを手がけるコロプラの不正対策における考えはどういったものか。

  • 浅生:コロプラでは『コロニーな生活』というタイトルがあります。

  • 今回、ゲーム業界で不正対策に従事する人をフォーカスするべく、 AIセキュリティサービスを提供しているChillStack伊東氏の協力のもと、コロプラの菅井氏、浅生氏との対談を行なった。

コロプラのスマホゲームで運営が不正行為 悪質な「課金ブースト」とは (2019年8月15日)

不正が発覚しないよう私用のスマートフォンを利用するなどしていました。

  • コロプラは他にも不正に関与した社員2人を懲戒処分とし、馬場功淳社長ら2人の月額報酬の10%を3カ月間減額することも決定。

  • ゲーム会社は転職が盛んであり、インサイダー情報を持った元社員が沢山いる。

コロプラ、セールスランキング不正操作で大炎上。取引先に850万円でゲーム課金依頼

ソロで遊ぶのがメインのゲームでも、ランキングのような一生懸命プレイして得られるものが簡単に実現されると興醒めしてしまうと思います。

  • 例えば、対戦ゲームですと、不正によってゲームそのものの楽しみが損なわれる要素が多いので、対策することも多くなります。

  • 本件についてはまだ調査中としながらも、同社は現時点で判明している事項と今後の対応を発表。

コロプラがアプリゲームのセールスランキングを不正操作 取引先に課金依頼

なにせ「役職者を含む従業員2名が関与」「自社費用 850 万円」と言った不穏なキーワードが並びまくっている。

  • なので、決算発表会では「厳選した新作タイトルをリリースする」と強調している。

  • ねとらぼではこれらに関わった人物の関係図を以下のように画像で掲載しています。

コロプラ、セールスランキング不正操作で大炎上。取引先に850万円でゲーム課金依頼

まさか特許訴訟の判決が出たはずも無いので、任天堂かコロプラのどちらかに大ニュースが有ったのだろう。

  • 万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。

  • しかし、その不正が明らかになるきっかけになったタイトルが「最果てのバベル」とは皮肉だ。




2021 ofertadalu.com.br