艦 これ 耳かき ss - ギャグ : なのです速報~艦これSSまとめ~(7)

Ss 耳かき 艦 これ 提督「艦娘からの好感度が見えるようになる?」

【艦これSS】伊勢「耳かきしてあげよっか?」

Ss 耳かき 艦 これ ギャグ :

Ss 耳かき 艦 これ 【艦これSS】長門「耳かきしてやるぞ」

Ss 耳かき 艦 これ 【艦これSS】伊勢「耳かきしてあげよっか?」

Ss 耳かき 艦 これ ギャグ :

伊勢「耳かきしてあげよっか?」 : 艦隊これくしょん SS

Ss 耳かき 艦 これ 【艦これSS】時雨「ねえ提督、艦娘に耳かきさせるのが流行ってるらしいよ」提督「ふーん」

艦 これ 耳かき ss

Ss 耳かき 艦 これ 【艦これSS】時雨「ねえ提督、艦娘に耳かきさせるのが流行ってるらしいよ」提督「ふーん」

Ss 耳かき 艦 これ 提督をみつけたら

Ss 耳かき 艦 これ 天龍「耳かきしてやる」 龍田「えっ?」【艦これ】

Ss 耳かき 艦 これ 【艦これSS・提督】古鷹「耳かきしましょうか?」

【艦これSS・提督】古鷹「耳かきしましょうか?」

提督……いったいどこ行ったんだよ……」オボンハコビ 摩耶「ん?」 艦娘s「ワイワイ」ガヤガヤ 摩耶「なんだ? あの人だかり……って! 提督!?!?!」 皐月「司令官! ほら、あーんだよ!!」アーン 提督「あ、あーん。

  • ご苦労だったな、摩耶」 摩耶「おう! って……あたしの出番はなかったな……」 提督「気に病むことはない。

  • 俺は嫌いじゃないんだ。

提督「艦娘からの好感度が見えるようになる?」

戻ってゆっくりしてくれ」 古鷹「提督も、です」 提督「ん? どういう事だ?」 古鷹「……私が耳かき、しましょうか?」スッ 提督「なんっ!? 古鷹が、してくれるのか!?」 古鷹「私で良ければ、ですけど……」 提督「良ければなんてとんでもない。

  • 2017年03月29日 02:39• 幸いにして思考そのものが鈍った様子は無い。

  • メタ情報• その、痛くしねえからさ……もう一回、やらしてくんねえか?」オズオズ 提督「あ? いいのか!?」 摩耶「あ、ああ。

提督をみつけたら

ホント妙に忙しかったよね」 提督「普段はこんなにでもないのに……特別作戦中って訳でもない日にここまで仕事が重なるとは……」 提督「挙句の果てには自分で仕事増やしちゃうし……短気は損気とはこの事か……」 提督「終いには空母に夜戦させるのは酷かったよなぁ……『多少の無茶は訓練だと思え』ってバカか俺は……」 伊勢「いやまぁ、提督もご飯ジャマされてイライラしてたんだよね? 蒼龍飛龍辺りがその辺の事情を説明してくれてるからさ」アセアセ 提督「……そういう伊勢もありがとうな。

  • 提督「お聞きしますが、何故ドッキリをするのですか?」 元帥「気が乗らないかい?」 提督「いえ、まず理由をお聞きにならないと何とも。

  • 俺も話題選びが悪かったし」 提督 摩耶は多少なりとも、俺のことを好意的に思ってくれていると思ったんだが……。

艦 これ 耳かき ss

せっかくだから腹一杯になるまでご馳走して差し上げようじゃないか」 翔鶴「そ、それは、どういう……」 提督「各正規空母は火力試験用装備で迎撃に向かえ。

  • 思ったよりは柔らかいな……。

  • 」 元帥「艦娘達からどう思われてるか知りたくない?」 提督「…気にならないと言えば嘘になりますね。

提督「艦娘からの好感度が見えるようになる?」

あの痛み、あの心を造り変えられるおぞましい感触に対する怒りが、彼の心を満たしていた。

  • 取り敢えず腹が空いたのでまた難破船を齧り、モーニングコーヒーの代わりに重油を啜って船の外へと出る。

  • その逆だよ。

ギャグ : なのです速報~艦これSSまとめ~(7)

ちょっと耳がな」 古鷹「耳……ですか……?」 提督「あぁ……どうしても取れないしつこいのがあってな、耳が痒くて痒くて仕方ない……」 提督「何か良い耳かきはないかと思って……」 古鷹「そうですか……」 提督「……おっと、よく考えたら女の子にする話じゃないなコレ。

  • どうせ安全な内地でゆっくりしてるつもりの連中でしょ、直接攻められて慌ててるうちに頂けるものは頂いて退散よ』 ヲ級2『……! 敵航空機、接近! ……え、3機だけ?』 ヲ級3『3機だけ? そんなバカな。

  • 85 ID:zavoqv4H0 -- --- 古鷹「はい、これでこちら側は完了です。

提督「艦娘からの好感度が見えるようになる?」

特に試作兵器、特殊燃料帰化爆弾『ガルム』(開発・命名共に軽巡夕張)の威力、抜群なり。

  • ありがたく続きをお願いするよ」 古鷹「お任せくださいっ!」 -- --- 古鷹「はい、これでこちら側は完了です。

  • 彼は痛みに精も根も疲れ果てた体を引きずるように動かして、なんとか朽ちた船の中へと潜り込み、砂浜に背を預けて、穴だらけの甲板を天井にして眠りに着いた。

【艦これ】摩耶「耳かきしてやんよ」

空腹が満たされるまで朽ちた船を食らった彼は、ようやく満足して砂浜の上でごろんと仰向けに寝転がった。

  • そのどれもが、この世のものとは思えないほど……。

  • それは困るな……」 伊勢「……ふふ。




2021 ofertadalu.com.br